あなたの肌質は何タイプ?

あなたの肌質は何タイプ?

肌質とはもともと持っている肌の性質のことです。
肌質は4つのタイプに分かれていて、水分量と皮脂量の割合でタイプが決まります。
まずは自分の肌質を理解することから始めましょう。

肌質別の特徴

肌質別の特徴

肌質は4つに分類されます。
それぞれの特徴は・・・

普通肌(ノーマル肌)

普通肌(ノーマル肌)

水分量:多め/皮脂量:少なめ
・肌にうるおいがある
・キメが整っている
・毛穴が小さく目立たない
・季節によってかさつきや脂っぽさがある
肌は潤っているが季節によって変化しやすい

乾燥肌

乾燥肌

水分量:少なめ/皮脂量:少なめ
・カサついていて、肌荒れしやすい
・キメが乱れている
・小じわが気になる
・洗顔後肌がつっぱる
・バリア機能が低下し肌トラブルが起こりやすい
肌がかさつき荒れやすい。

脂性肌(オイリー肌)

脂性肌(オイリー肌)

水分量:多め/皮脂量:多め
・キメが整っている
・皮脂が多いためべたつきがある
・毛穴が大きく開きが目立つ
・ニキビや吹き出物などができやすい
肌は潤っているがべたつきが気になる

混合肌

混合肌

水分量:少なめ/皮脂量:多め
・皮脂が多いためべたつきがあるが、カサついて荒れている部分もある
・キメが乱れている
・毛穴が大きく開きが目立つ
・バリア機能が低下し肌トラブルが起こりやすい
肌は脂っぽいのにカサついている

肌の状態による肌タイプ

肌の状態による肌タイプ

水分量や皮脂量だけではなく、肌の状態からも様々なタイプに分けることができます。

敏感肌

敏感肌

いつもと違う化粧品を使うとしみるなどの外からの刺激ストレスの影響を受けやすい肌で、アレルギー体質であるまたは日頃のストレスにより肌質が変わりちょっとした刺激に敏感に反応してしまうなどトラブルの多い肌です。

年齢肌

年齢を重ねると様々なトラブルが出てくることも多く、肌にハリがない頬のたるみシミやしわが目立つなどの症状はターンオーバーの周期が長くなり、新陳代謝が悪くなってしまうことが原因です。

それぞれの症状にあったケアが必要になります。

疾患肌

疾患肌

アトピー性皮膚炎湿疹などで肌に炎症が起きているため、いつも通りのスキンケアをしてもかぶれるなどの症状が出る場合があります。

そのままにしていると悪化してしまう場合があるので、早めに病院を受診することをおすすめします。

肌タイプに影響を与えるもの

みずみずしく血色がよい肌

肌タイプに影響を与えるのは、

遺伝

遺伝

アトピーアレルギーなどの疾患が遺伝する場合もあります。
遺伝は肌タイプに影響を与える要因の一つとなりますが対策をすれば改善することも可能です。

加齢

加齢

年齢を重ねると保湿力や皮脂量が低下していき、乾燥しやすくなります。
ですから加齢による乾燥、シミ、しわなどの症状にはエイジングケアが必要です。

食事

食事

生活習慣と並んで影響力が大きいのが食事です。
過剰摂取も良くありませんが不足するのもいけません。
食事で摂取できずに不足してしている場合は、サプリメントで補ってもいいでしょう。

体温

体温

35℃台の低体温だと新陳代謝が悪くなってターンオーバーの周期が長くなってしまいます。

ターンオーバーの乱れは皮脂量、保湿力共に低下してしまいますので肌が乾燥してしまいます。
体温を36℃台に保つことで新陳代謝も改善されて皮脂量、保湿力も整います。

ホルモンバランス

ホルモンバランス

女性は生理の周期によって分泌されるホルモンが違い、生理後に分泌される肌の水分量を増やす働きのあるエストロゲン生理前に分泌される皮脂量を増やす働きのあるプロエストロゲンの影響をが肌の状態に出る場合があります。

気温

気温

外気の温度や湿度の影響を肌は受けてしまいます。
高温多湿だと皮脂量が多くなりニキビなどの原因に、低温乾燥だと水分量が減少し乾燥肌になってしまいます。

睡眠

良質な睡眠

睡眠中に肌のターンオーバーがされるため、睡眠時間睡眠の質が肌に影響します。

運動

運動

運動によって血行が良くなり肌のターンオーバーに良い影響を与えます。
血行が悪いとくすみやクマの原因にもなります。

紫外線

紫外線

紫外線から肌を守ることはとても重要です。
日焼けすることによって肌はダメージを受けてしまうため、皮脂量が増えたり乾燥したりなどの症状が出る場合もあります。

肌タイプのまとめ

肌タイプのまとめ

肌質によって肌の状態水分量、皮脂量に違いがあります。
自分の肌はどのタイプなのかをきちんと把握し、肌にあったスキンケアを行うことが美肌につながります。

肌に影響を与えるものがたくさんありますが、ケアの仕方で肌質を変えることも可能です。
自分の理想の肌質を手に入れましょう!

「美しく健康な肌」とはどの様な肌のことか?
美しくて健康的な肌とはどの様な肌なのでしょうか? 美しい肌の条件や美しい肌を保つポイントなどを理解して一歩でも美肌に近づきましょう。 ぜ...

執筆者:美喜

関連記事

スキンケアのための基礎知識【皮膚】ってどうなっているの?

スキンケアのための基礎知識【皮膚】ってどうなっているの?

肌トラブルと原因~乾燥肌~

肌トラブルと原因~乾燥肌~

「美しく健康な肌」とはどの様な肌のことか?

「美しく健康な肌」とはどの様な肌のことか?

肌トラブルと原因~たるみ~

肌トラブルと原因~たるみ~

肌トラブルと原因~しわ~

肌トラブルと原因~しわ~

ターンオーバーが乱れてしまう原因は?

肌トラブルと原因~毛穴の開き・べたつき~